2007年09月

2007年09月17日

世界柔道 金メダル

柔道の世界選手権で谷亮子選手、塚田真希選手、棟田康幸選手が金メダルを獲得。
おめでとうございます。

谷亮子選手の涙いっぱいでインタビューに答える様子、うれしそうでした。
きっと、プレッシャーと使命感でいっぱいだったのでしょう。
でも、ちゃんと期待に応えるYAWARAちゃんすごい!
北京五輪でも「ママでも金」達成出来そうですね。
北京も頑張ってください。感動をください。

今、日本柔道は、国際柔道連盟の役員改選で日本理事の山下泰裕氏が落選し(派閥や人事のもめごとのとばっちりによるらしい)国際柔道連盟の執行部から日本人がいなくなるという事態に直面しているようです。

国際大会の運営や競技規則の見直しなどの権限を持つ国際柔道連盟に日本人の役員がいないと、重要な決定の情報入手が遅れて不利になり、本家、日本が世界に取り残されることになりかねないようです。
世界の柔道では、つかみにくい柔道着の導入や日本に不利なポイント制の採用が取りあげられており、日本の柔道との、柔道に対する認識の違いがあるようです。

国際社会の場で柔道の本家、日本の発言力も必要ですが、日本の柔道も変わっていかなければいけないのでしょう。(インターネットで調べるとフランスの柔道人口は56万人、日本の柔道人口は21万人という現実)

とにかく今回、日本の柔道は、谷亮子選手、塚田真希選手、棟田康幸選手の金メダルに救われたようですね。

purena at 23:25 
日記 

2007年09月16日

明日は敬老の日

明日は敬老の日、すでに両親はなくさびしい敬老の日です。
あれこれとプレゼントを選んでいた頃をなつかしく思い出します。
できるのはお墓参りぐらいでしょうか。

65歳以上の老人がが5人にひとりの時代です。
確実にやってくる自分の老後を考えねばなりませんが、
自己の健康管理を大切にしつつ、年を重ねても自立していたいものです。
人それぞれ考え方はありますが、老人になっても介護を受けるだけでなく、健康に自信があれば、まだまだ地域社会の担い手として活躍したいです。
社会の仕組みが、元気な高齢者が当たり前に現役で活躍できる環境であればと思います。

purena at 11:04 
日記 

2007年09月15日

9月病?

正式な病名なのか解りませんが、「9月病」というのがあるそうです。
春から夏にかけて頑張り過ぎると、身体も心も夏バテになり、心身のエネルギーを使い果たしてしまう。まじめで几帳面で責任感の強い人がなりやすく、上手に手抜きや息抜きができなくて、ストレスがたまり、そのうち何もやる気がなくなってしまうようです。

十分な休養や、家族や友人と話す時間をとり、リラックスすることが大切ですね。

自分の弱さや力のない状況は、自分ではなかなか認識できず、また認めたくなく、自分のことは自分で解決しなくてはと無理してしまうのでしょうね。

私も今年の異常な暑さで夏バテ気味で、目の前の問題を解決できるかどうか自信がなく少々参っている状態ですが、まじめで几帳面でもなく、また自己分析できるうちは「9月病」ではないんでしょう。ゆったりと過ごし、気分転換ですね。

問題が解決できて、まわりの環境も落ち着いて、早く、爽やかな秋の季節になるといいな。

purena at 23:47 
日記 

2007年09月14日

総裁選

宗教と政治の話はタブーとよく言われます。
私もどちらも人に語れるほど知識はありませんが、
さすがに、今の政局には自然と注意を傾けてしまいます。

ドラマよりも劇的なドラマを見ているようです。

安倍総理の突然の辞任、そして今度は次ぎの総理に注目が集まっています。

好調とされた世界経済も、今、アメリカのサブプライムローンに端を発して世界中が不安定な状況です。
日本も早く内政が安定し、日本を弱者も安心して暮らせる国家へ導いてくれる総理大臣の登場を願います。

今、政治や世論はマスメディアの報道の仕方に左右されるように感じられます。
我々一般人の情報源はマスメディアしかありません。
どうぞ、なるだけ公平な報道が為されることを願います。

これからの政局の展開が注視されます。

purena at 20:53 
日記 

2007年09月13日

引き際

今日もニュースは安倍総理の突然の辞任の話ばかりです。

いろいろいわれていますが、だれも予想しない (おそらく最悪の)タイミングだったので仕方ないですね。

安倍総理自身は、今までのところそれほど大きなミスはしていないのに。
素人考えでも、参議院選挙で負けたときに辞任していれば、また将来、望まれて政治の表舞台に再登場する可能性はあったと思います。

引き際を見極めることは本当に大切ですね。
できればかっこよくありたいのですがなかなか難しいです。

総理にアドバイスできる人はいなかったのでしょうか。
総理には相談できる、信頼できる腹心はいなかったのでしょうか。

総理大臣職が一国を治める重責であることを考えると、安易な同情論は不謹慎かもしれませんが、一人の人間として考えると、なんだか安倍総理が気の毒にも思えます。
入院されたとのこと病状が気になります。
心と体をゆっくりと養生してください。



purena at 20:35 
日記 

2007年09月12日

突然の辞任

安倍総理の突然の辞任にはほんとうにびっくりしました。

大敗した参院選直後ではなく、臨時国会で所信表明した二日後、代表質問開始直前の辞意表明でした。
安倍総理の突然の辞任には驚きを越えて、何故この時期にという思いです。

安倍総理の辞意表明演説を聞いてもこの時期の辞任は不可解です。

高度なレベルの政治のことはよく理解できませんが、何があったんだろうか。

安倍総理は70%近い支持を得て総理になったのに、相談する人はいなかったのだろうか、孤独だったのだろうか。








purena at 22:49 
日記 

2007年09月11日

9.11

9月11日といえば、やはり米同時多発テロを思い出します。

あの衝撃の映像は忘れられません。
飛行機が世界貿易センター(WTC)ビルに突っ込みビルが崩れていく。ツインタワーであった2つのビルともに。
地上では、崩れるビルの粉塵が襲い掛かるなかを逃げ惑う人々。
まるで映画を観ているようで、現実の映像とはとても信じられませんでした。
現実のものとは思えない悲劇が世界中を震え上がらせました。

あれから6年、WTCでの犠牲者2750人のうち、遺体が確認されたのは1614体で、今もWTC跡地から掘り出された人骨のDNA鑑定が続いているようです。

多くの人々の人生を狂わせてしまった最悪の出来事でした。

いくら月日が経とうと、犠牲となられた方々のご家族の悲しみは消え去ることはありません。
微力な私には、犠牲者のご冥福と、二度とこのようなことがおきないことを祈ることしかできませんが、これからの世界が、穏やかで平和でありますように。





purena at 22:02 
日記 

2007年09月10日

ミラクルフルーツ

今、ミラクルフルーツ(ミラクルベリー)というのが話題になっています。これを食べた後すっぱいものを食べると甘く感じるようです。

ミラクルフルーツは、西アフリカ産の植物で小さな赤い果実で、実自体は甘くないようです。
この不思議な作用は、果実に含まれる「ミラクリン」という味覚変革タンパク質が、酸味を感じた際に舌の味覚受容体を刺激するため酸味が甘く感じられるのだそうです。

ミラクルフルーツの効果は、30分から2時間程度で、ミラクルフルーツの成分が舌に付着している時間だけ効果が得られ、時間が経ったり食べ物、飲み物を飲むことで徐々に効果が弱くなっていくようです。

すっぱいものが苦手な人や、また酸味のある果物や野菜、飲料、ヨーグルト等砂糖を使わなくても甘く食べることができるので、カロリー摂取を抑えたい時にもよいようです。

ウィキぺディアによると、糖尿病患者のために、この果実から人口甘味料を作出する試みが為された事もあったということです。

きっと、効果や感じ方には個人差があるんでしょうね。
舌の感覚は変化するようですが、喉越しや匂いは変化するのでしょうか。
ちょっとためしてみたいです。


purena at 08:30 
日記 

2007年09月09日

地球温暖化問題

ほんとうに今年の夏は暑かったです。
暑さがこたえてちょっと夏バテ気味です。

地球の異常さを肌で感じた、今年の夏のあまりの猛暑です。

これも地球温暖化の影響なのでしょうね。
温暖化対策を、個人でやれるところからやろうと考えて電気、ガス、水道の節約、車はなるだけ使わないなど、微力ながら意識して行動しているつもりです。
だけど、今年の夏はクーラーは節約できませんでした。
来年以降もこんな暑い夏が続くのかと思うと憂鬱です。

千葉県の動物園の高齢のレッサーパンダ(次郎)が熱中症で死んだそうです。そのときの気温が37.1度。

熱中症になられた方もたくさんいたようです。

動物も、人間も暑さに耐えられません。

米内務省の科学者チームの、「ホッキョクグマの3分の2が2050年までに、地球温暖化による海氷の減少で死滅する」との予測や、
APECで、数値目標が盛り込まれた地球温暖化問題の宣言が採択された、などのニュースが流れていますが、
地球温暖化対策に、世界規模で動き出して実質的な効果を早くあげたいものです。

温暖化現象の深刻さを考えさせられる猛暑でした。




purena at 15:13 
日記 

2007年09月08日

台風

7日未明、神奈川県に上陸した台風9号は、上陸してからずっと陸地を北上して、8日午後北海道の東海上に抜けました。

台風が過ぎた後の被害、道路の寸断、孤立した部落、農作物への被害、何度も見る光景がテレビに映し出されています。

稲や、りんごや、ラ・フランスなどが収穫を前に被害にあっているようです。
農家の方の一年のご苦労が台無しでね。
すべて処分されるのでしょうか、ジュースやジャムや他に加工する方法があるのでしょうか。

たしか、豊作のときの価格調整のための作物の処分も有意義な方法がなかったような記憶です。

日本は自給率40%だそうです。良い方策があると良いのですが。

自然の猛威も、弱者に集中するようで、
自然の猛威には、人間は無力でなす術もなく、悲しく心が痛みます。


purena at 20:10 
日記