2007年09月19日

アスリートに感動!

昨日は、テレビで車椅子テニスの国枝慎吾選手の話があり感動していたら、今日は、上地結衣選手が取り上げられていました。

国枝選手は、車椅子の卓越した操作と正確なストロークで、国際試合で次々とタイトルを奪う車椅子テニスの世界王者です。
アテネパラリンピックで男子ダブルスで金メダルを獲得し、また、一般でいう「グランドスラム」という4大大会(全豪、全仏、全英、全米)制覇を達成しました。

上地結衣選手は13歳、競技者のほとんどが大人という車椅子テニス界で、大人たちに混じって戦っています。今後の活躍が期待される選手です。

車椅子テニスは、2バウンドまで許される以外は普通のテニスと同じだそうです。
現在、日本の車椅子テニスは世界のトップレベルにあるようです。

スポーツでは、選手が自分の極限まで頑張る姿に勇気付けられ、そこから生まれるドラマに感動します。

最近、アスリートに感動と元気をもらっています。


purena at 20:11 
日記