2008年09月24日

朝原宣治選手ラストラン

セイコースーパー陸上、陸上男子100メートル、
日本人トップの3位、
ラストランは見事な走りでしたね。
出遅れながらも最後の粘りの追い上げさすがです。

これまで、
日本の短距離界を牽引してきた朝原宣治選手36歳は
日本の大会でこんなに多くのお客さんの
声援の中で走れるなんて感激です。
長いことやっててよかったとコメントしていました。

緊張よりわくわくしていたそうです。
もてるすべてのエネルギーが出せますようにと、
集中して、順位やタイムは考えずに、味わいながら、
一歩一歩踏みしめながら走ったそうです。
花束をもらったときは涙でしたね。

奥様の声援と喜びの笑顔もありました。

今後は若い選手たちの指導者としての道を
歩まれるそうです。
最高の人生の一区切りが出来てよかったですね。



purena at 11:08 
日記