2009年02月26日

弱点の克服

鶏の飼い方やエサを研究された最高のたまごでも、
合う料理と合わない料理があるんだそうです。

たまごかけご飯に合うたまごは
黄身が濃く黄身の甘さが
ご飯の甘味をうわまわるものがよく、
逆に、チーズケーキでは濃い黄身は
チーズの香りを殺してしまうんだそうです。
また、オムレツには白身の多いものが、
ふんわりとしてトロトロした食感になるようです。

たまごの種類によってベストな料理を選ぶ、
料理によってたまごの種類を選ぶということですね。

テレビで紹介されていた徳島の小林ゴールドエッグは、
自社では養鶏は行わず、
いろいろな養鶏場から仕入れたたまごを取り扱っていたために、
たまごの味も形も不ぞろい状態だったようです。
品質不ぞろいでクレームになることもあったようです。

この不ぞろいのたまごが身近にあったからこそ
たまごの種類と料理の関係に気づいたんですね。
逆に、今やグルメブームで市場から多様な品質を
求められているようです。
 
厳選した10種類の卵を使い分け、
最大限に美味しい卵料理10品を提供する
たまご料理の専門店をオープンし
たまごの種類と料理の関係を広めているようです。

品質不ぞろいの弱点の克服で
5年で6倍の収益を上げているんだそうです。


purena at 14:42 
日記