大蔵大根

2008年12月16日

江戸野菜、復活

品川カブが50年ぶりに復活したそうです。
なぜ、50年間作られなかったんでしょうか?
生産の効率化や輸送の効率化のためなんでしょうか。
味や形が個性的過ぎたんでしょうかね。

江戸の地名入りの野菜たくさんあるんですね。
練馬大根、千寿葱、馬込三寸ニンジン、
滝野川ゴボウ

4年前から江戸野菜の復活が試みられており
先月も、品川カブ、大蔵大根、馬込三寸ニンジンが
復活したようです。
品川カブは大根のような形をしているんですね。

個性的な地域の味が楽しめて
地産地消で食育や町おこしにもなると
江戸野菜が見直されているようです。

江戸の地名入りの野菜、
名前を聞いただけでも個性的な味が想像されますね。

purena at 09:12