常識

2008年08月27日

虫歯の常識

唾液に含まれるカルシウムが、
かくれ虫歯を修復してくれるようです。
歯の表面は半透明なエナメル質ですが
歯の内部の白い部分は、ホワイトスポットといって
かくれ虫歯の正体なんだそうです。
ホワイトスポットを修復するためには、唾液が必要で
それは、唾液にはカルシウムが含まれているからです。

NHKの「ためしてガッテン」でやってましたよ。

唾液は、液体エナメル質といわれ、
再石灰化する働きがあり、
さらに、フッ素は再石灰化を促進する働きがあります。
唾液が多い人は歯垢が歯石になりやすいけど、
かくれ虫歯のホワイトスポットも修復しやすいようです。
穴が開いてしまうほどの虫歯は、
唾液だけでは修復は難しいそうです。

食事による酸で、
エナメル質が溶けだす時間をなるだけ短くし
唾液で修復できる時間を
長くするような食事の仕方をすることが、
虫歯予防につながります。

虫歯はすぐ削るのではなく、
早期発見して長期観察が必要で、
削ってつめる治療は、じっくりと観察して、
見極める必要があるそうです。
急いで削らなくていいんですね。

かくれ虫歯は普通の歯科検診では見つけられないようです。
特別な機械でチェックしていました。


purena at 23:27